第159回 ABCクッキングスタジオ
 

きものビズ研究会、業界外からゲストスピーカー
124店料理教室創業の美人実業家招く

会員25万人の料理教室に学ぶ

 
10月25日に、国際フォーラムにて開催したきものビズ研究会(第157回のこのコラムで紹介)には、ゲストスピーカーに、ABCクッキングスタジオの創業者、志村なるみさんを招いた。

お陰様で、今回は前回を上回る55名に参加を頂いた。ちなみに、前回6月のきものビズ研究会に来場された方々とは、色々な、弊社とのニューアライアンスが進渉している。広島のマツヤと言う、きもの小売店には、10月5日に、広島の中心地本通り商店街から少し入った路面で、たんす屋byマツヤ広島店をフランチャイズとしてオープンして頂いた。

さて、今回のゲストスピーカーは、きもの業界の外から、革新的手法で市場創造してこられた経営者に学ぼうという事で、きものビズ研究会、座長のジャパン・ライフ・デザイン・システムズの社長、谷口正和氏に人選して頂いた。私も以前から、大変注目していた企業だけに、即決定させて頂いた。

ABCクッキングスタジオは、ご存知の方も多いと思うが、創業29年、現在、全国に124店舗を展開し、25万人の会員を擁する、料理教室業界のリーディングカンパニーで、ガラス張りの外から見えるスタイルで、若い女性に人気の料理教室だ。

創業29年の会社の創業者と聞くと、自分よりはるか年長の方をイメージするのだが、なんと志村なるみさんは、未だ50歳前の実年齢よりはるかに若く見える美人実業家だった。と言う事は、志村さんは二十歳の時に静岡県藤枝市で、創業した超若年起業家だ。

そして今回、何より私が驚いたのは、きものビズ研究会、前日の10月24日の日本経済新聞一面を見た時だった。そこには、何と、「NTTドコモ、料理教室の最大手、ABCクッキングをM&A」という字が踊っていた。

日経新聞の企業面に詳細の記事があったが、先ず脳裏に浮かんだのは『志村さんは、明日のきものビズ研究会に来ていただけるのだろうか?』という疑問だった。コーディネートして頂いている、ジャパン・ライフ・デザイン・システムズの担当者に連絡したところ、幸いにも出席いただけるという事で胸をなでおろした。
 

女性のハート掴んだ6つの取り組み

当日は、記事の内容が日経新聞のスッパ抜きで、正確でなく、これから正式なプレス発表をされるという事で、M&Aの件に関しては質問NGという事を条件に講演していただいた。

参加者がほぼきもの業界のインサイダーの中で、志村さんの話は、大変興味深いものだった。

特に印象に残っているものは、①自宅に帰ってすぐ再現出来る様に、通常のスーパーで売っている食材を使う。②ダシも必ずしも本格的に一から取るのではなく、市販のダシも使う。③3500人の先生は、すべて個人事業主で、社員ではない。④先生を選ぶのは生徒さんで、人気のない先生は、やめていかざるを得ない。⑤全国どこの教室でも予約を入れてレッスンが*受けらる*。⑥先生方から新しいレッスンのレシピを募り、実際の生徒さんに体験してもらい、リアル顧客の反応を取り入れて、新商品開発をする。

どれも従来の料理教室の常識をくつがえす、大胆な取り組みで、結果これが、二十代、三十代の若い独身女性のハートをしっかりと掴み、その事が、一流デベロッパーから出演依頼が殺到する結果をつくったと実感した。

更にNTTドコモは、スマホやタブレットで配信するコンテンツを探した結果、対象顧客に魅力的なコンテンツ供給先として、ABCクッキングスタジオをM&Aの対象に選んだのではないだろうか。大変興味深い話だ。
 

ABCきものスタジオ閃く

私は志村さんと打ち合わせの席で、着物に関して興味を持っているか否か質問をさせて頂いた。ご自身は、めったに着物は、お召しにならないとのことだったが、お母様が、毎日着物を着ていらしたので50歳を前に、ご自身も、そろそろ着物に関心が出てきたそうだ。

実際、15歳になるお嬢様に、浴衣を着させてくれと頼まれ、自分では着せられないので、ママ友で着付けの上手な方に着せてもらったそうだ。

そんな事もあり、そろそろご自身も着物が一人で着られたらな、と感じていると聞き、私の中で、ビビッと何かが閃いた。

それは『ABCきものスタジオ』だ。今までの着付け教室は、着物を着る事が、誰よりも上手な人が教えてあげましょう、というものだったが、全く着物が着られない志村さんが、着物の着方を、こうやって習ったら、こんなに早く、こんなに簡単に一人で着られる様になったといったコンセプトで、従来のABCクッキングスタジオの隣に、ABCきものスタジオをつくれば大はやりするのではないだろうか。

更にクッキングスタジオと同じく、着物スタジオもガラス張りにして、外から着物の着方を習う様子も見られると多くの方の興味を引き、更にまさに、ABC、つまり着物の着方のいろはに特化する事で、今まで潜在していた、着物需要を一気に顕在化出来るのではないかと直感したが、いかがだろうか。
 

*リサイクル通信*バックナンバー

【第204回 】コンサイメントを強化
 2017.8.25 掲載
【第203回 】着物の買取強化策
 2017.7.25 掲載
【第202回 】山本会長お疲れ様でした!
 2017.6.25 掲載
【第201回 】捨てるか売るか?
 2017.5.25 掲載
【第200回 】チーム着物2020
 2017.4.25 掲載
【第199回 】軽井沢でISAKとかるちゃ出店
 2017.3.25 掲載
【第198回 】たんす屋塾賞
 2017.2.25 掲載
【第197回 】チーム2020
 2017.1.25 掲載
【第196回 】磯村みどりの着物遊び処たんす屋
 2016.12.25 掲載
【第195回 】ウランバートルのファッションショー
 2016.11.25 掲載
【第194回 】成人式が変わる
 2016.10.25 掲載
【第193回 】日本フランチャイズチェーン協会
 2016.9.25 掲載
【第192回 】着物お手入れ得意店世界一を目指す
 2016.8.25 掲載
【第191回 】クロスメディア戦略
 2016.7.25 掲載
【第190回 】小学校の卒業式は着物で
 2016.6.25 掲載
【第189回 】2回の引越し
 2016.5.25 掲載
【第188回 】きものプラス
 2016.4.25 掲載
【第187回 】東京きものレンタルショップ
 2016.3.25 掲
【第186回 】きものや じゃぽん
 2016.2.25 掲載
【第185回 】さよなら池田重子さん
 2016.1.25 掲載
【第184回 】ネット集客
 2015.12.25 掲載
【第183回 】和装振興協議会
 2015.11.25 掲載
【第182回 】TOKYO KIMONO STATION by Tansuya
 2015.10.25 掲載
【第181回 】ガイアの夜明け
 2015.9.25 掲載
【第180回 】リクルート MOMO HACK
 2015.8.25 掲載
【第179回 】和装振興研究会
 2015.7.25 掲載
【第178回 】下諏訪きものプロジェクト
 2015.6.25 掲載
【第177回 】全通全景プレミアム袋帯
 2015.5.25 掲載
【第176回 】ピンポイントSPA
 2015.4.25 掲載
【第175回 】コンサインメントに全面拡大に挑戦
 2015.3.25 掲載
【第174回 】ハードオフとのシナジーを模索
 2015.2.25 掲載
【第173回 】中村喜久蔵コレクション
 2015.1.25 掲載
【第172回 】下取り企画の威力
 2014.12.25 掲載
【第171回 】富士山清掃
 2014.11.25 掲載
【第170回 】父の三回忌
  2014.10.25 掲載
【第169回 】夏に強いたんす屋実現へ
 2014.9.25 掲載
【第168回 】誕生祭の成功に向けて
 2014.8.25 掲載
【第167回 】振袖戦略
 2014.7.25 掲載
【第166回 】JFA大会
 2014.6.25 掲載
【第165回 】たんす屋大宮ステラタウン店オープン
 2014.5.25 掲載
【第164回 】ブランディング
 2014.4.25 掲載
【第163回 】ハギレの力
 2014.3.25 掲載
【第162回】たち吉meetsたんす屋
 2014.2.25 掲載
【第161回】徹底して夏に強いたんす屋になる
 2014.1.25 掲載
【第160回】消費増税をチャンスに変える!
 2013.12.25 掲載
【第159回】ABCクッキングスタジオ
 2013.11.25 掲載
 
 
 
 
リサイクル・リユース市場を読み解く業界唯一の経営情報専門誌