第166回 JFA大会
 

日本のFC市場は40年で22兆円に成長
リユースとFCを成長エンジンに

FC店舗が半分以上に 

6月1日に直営店の伊勢佐木町をFC化し、これで全120店舗中直営が59店舗、FCが61店舗となり、全体の半分以上がフランチャイズ店になった。

ちょうどこのタイミングで御縁を頂き、5月23日の理事会にて承認を得て、日本フランチャイズチェーン協会(JFA)に入会させて頂く事となった。会長のハードオフ会長兼社長・山本善政氏には心より感謝をしている。

過日、入会に先立ってJFAの専務理事・伊藤氏が弊社に訪問くださり、色々と手続き上の事を教えて頂いた。その折に専務理事からJFAに関する情報と、日本におけるフランチャイズの歴史をお聞かせ頂いた。

まずJFAとは、ご存じの方も多いと思うが、日本フランチャイズチェーン協会、つまりジャパン・フランチャイズチェーン・アソシエーションの略である。そして、今年設立40周年を迎える歴史ある協会である。

日本にフランチャイズの概念が導入されたのは40数年前で、その黎明期をリードして来たのは、あのペコちゃんポコちゃんで人気の不二家とダスキンだそうである。そして戦後、全くのゼロからスタートしたフランチャイズビジネスは、JFA設立から急成長を遂げ、紆余曲折を経ながらも一貫して右肩上が40年間継続。現在は22兆2000億円にも拡大成長してきた。
 

日本全国のFCは24万5千店

JFAは3つの部会から成るそうで、1つ目はCVS(コンビニエンスストア)。セブンイレブンやローソンを筆頭に、圧倒的にFC化が進んでいる。2つ目は外食産業で、こちらもマクドナルドやモスバーガーを始め、多くのチェーン店はFC化を成長のモデルにしているケースが多い。3つ目が小売・サービス部門であるが、こちらに於いては業界ごとでFC化の進渉はまちまちである。百貨店やアパレルではFC化はそれほどポピュラーではない。一方、リユース業や介護、塾といったサービス業に於いては、ポピュラーな成長シナリオのひとつである。

この三部門で日本中に1286本部の存在がJFAにより確認されており、その店舗数はなんと24万5000店にもなるそうである。日本の小売市場規模が全体で約138兆円であるから、22兆2000億円は、売上ベースで見ても全体の16%を越す高いシェアを誇っている。
 

着物市場縮小でも潜在需要は大

一方我々の着物市場の変化を見ると、40年前の1974年は、まさに着物業界の絶頂期で、2兆円マーケットと言われていた。しかし着物は、この40年で一貫して右肩下がりを続け、残念ながらピークの15%程度、3000億円まで凋落してきた。弊社の戦略は非常に明確である。着物市場は縮小したが、我々は決して悲観はしていない。逆にその潜在需要は、すこぶる大きいと実感している。その何よりの証拠が、たんす屋がこの14年間で全国に120店舗をつくり、年間延べ50万人にお買い上げ頂く市場を創造して来たことである。今年5月の決算で、売上は前年を10%以上上回って伸びた。それは、延べお買い上げ人数50万人が、55万人に増えた結果である。

着物の潜在需要を顕在化するには、着物が高額である為に、きもの道への第一歩を踏み出せずにいる方々に、たんすに眠る8億点もの着物と帯を再生して、リーズナブルに提供すること、つまり着物リユース業化が、1つ目の戦略である。そして2つ目が、長期低迷で硬直化してしまった着物の流通を、FC化という手法を使って再編成する事である。我々はFCの対象を呉服店、吳服問屋、着物や帯のメーカー、そして呉服業界0Bの個人、自社の社員、更にこれから着物に関心を持つ法人と個人と考えている。

フランチャイズシステムの優れたところは、理念とビジョンを共有できれば、本部と加盟店で役割を分担する事で、スピード感あるドラスティック(根本的)なイノベーションを市場で実現できるところだと感じている。

着物市場の再編成をリード

我々は、日本リユース業協会と日本フランチャイズチェーン協会に加盟する唯一の着物専業者として、これからリユース業とFCビジネスを、両翼エンジンにする事で、着物市場の再編成をリードする。その結果として、健全で膨大な着物の潜在需要を顕在化して行 きたいと考えている。

その事で3000億円までシュリンクした着物市場を再度、4000億円へ、5000億円へと成長トレンドに持って行く。そして更に、市場に於ける弊社のシェアを5%、10%、20%と高めて行く事を、同時に実現したいと強く願っている。6月3日と4日に新潟県新発田市にあるハードオフさんの本社で行われたJFAの合同トップ交流会に参加した。そこで山本会長と前会長のモスフードサービスの標田社長をはじめ、多くの方にお会いし、色々なお話をお聞かせ頂いた事で、更にこの思いを強くした次第である。
 

*リサイクル通信*バックナンバー

【第206回 】KPI装着ゲーム
 2017.10.25 掲載
【第205回 】産着に挑戦
 2017.9.25 掲載
【第204回 】コンサイメントを強化
 2017.8.25 掲載
【第203回 】着物の買取強化策
 2017.7.25 掲載
【第202回 】山本会長お疲れ様でした!
 2017.6.25 掲載
【第201回 】捨てるか売るか?
 2017.5.25 掲載
【第200回 】チーム着物2020
 2017.4.25 掲載
【第199回 】軽井沢でISAKとかるちゃ出店
 2017.3.25 掲載
【第198回 】たんす屋塾賞
 2017.2.25 掲載
【第197回 】チーム2020
 2017.1.25 掲載
【第196回 】磯村みどりの着物遊び処たんす屋
 2016.12.25 掲載
【第195回 】ウランバートルのファッションショー
 2016.11.25 掲載
【第194回 】成人式が変わる
 2016.10.25 掲載
【第193回 】日本フランチャイズチェーン協会
 2016.9.25 掲載
【第192回 】着物お手入れ得意店世界一を目指す
 2016.8.25 掲載
【第191回 】クロスメディア戦略
 2016.7.25 掲載
【第190回 】小学校の卒業式は着物で
 2016.6.25 掲載
【第189回 】2回の引越し
 2016.5.25 掲載
【第188回 】きものプラス
 2016.4.25 掲載
【第187回 】東京きものレンタルショップ
 2016.3.25 掲
【第186回 】きものや じゃぽん
 2016.2.25 掲載
【第185回 】さよなら池田重子さん
 2016.1.25 掲載
【第184回 】ネット集客
 2015.12.25 掲載
【第183回 】和装振興協議会
 2015.11.25 掲載
【第182回 】TOKYO KIMONO STATION by Tansuya
 2015.10.25 掲載
【第181回 】ガイアの夜明け
 2015.9.25 掲載
【第180回 】リクルート MOMO HACK
 2015.8.25 掲載
【第179回 】和装振興研究会
 2015.7.25 掲載
【第178回 】下諏訪きものプロジェクト
 2015.6.25 掲載
【第177回 】全通全景プレミアム袋帯
 2015.5.25 掲載
【第176回 】ピンポイントSPA
 2015.4.25 掲載
【第175回 】コンサインメントに全面拡大に挑戦
 2015.3.25 掲載
【第174回 】ハードオフとのシナジーを模索
 2015.2.25 掲載
【第173回 】中村喜久蔵コレクション
 2015.1.25 掲載
【第172回 】下取り企画の威力
 2014.12.25 掲載
【第171回 】富士山清掃
 2014.11.25 掲載
【第170回 】父の三回忌
  2014.10.25 掲載
【第169回 】夏に強いたんす屋実現へ
 2014.9.25 掲載
【第168回 】誕生祭の成功に向けて
 2014.8.25 掲載
【第167回 】振袖戦略
 2014.7.25 掲載
【第166回 】JFA大会
 2014.6.25 掲載
【第165回 】たんす屋大宮ステラタウン店オープン
 2014.5.25 掲載
【第164回 】ブランディング
 2014.4.25 掲載
【第163回 】ハギレの力
 2014.3.25 掲載
【第162回】たち吉meetsたんす屋
 2014.2.25 掲載
【第161回】徹底して夏に強いたんす屋になる
 2014.1.25 掲載
【第160回】消費増税をチャンスに変える!
 2013.12.25 掲載
【第159回】ABCクッキングスタジオ
 2013.11.25 掲載
 
 
 
 
リサイクル・リユース市場を読み解く業界唯一の経営情報専門誌