column

2021年12月23日

キモノアール秘話「第2話 着物は究極のサスティナブルファッション!」

代々受け継がれていくもの

UNIQLO、ZARAなどのファストファッションブランドが、着なくなった自社ブランドの服を回収するリサイクルするボックスを店頭に置いたり、スーパーでの買い物にはエコバックを持って行くことが当たり前になりました。

でも、気がついていましたか?

日本には着物という、究極にサスティナブルなファッションがあることを。

《おばあちゃん》が着ていた着物を

《孫》が着る。

洋服ではこんなことはなかなかありません。

上記は最近染上がってきたキモノアールですが、一目みて私のお気に入りになりました。気に入っていることは、おそらく着付けの凝り方で伝わってしまいますね。

着物ってそもそもがサスティナブル

袷の着物の八掛が擦れてきたら、

単衣として仕立て直して着る。

着物として着つくしたら

羽織やコートに仕立て直して着る。

SDGsとか、サスティナブルという言葉が注目される以前から、

私たち日本人のDNAには「もったいない」という感覚が刷り込まれているのです。

9月、キモノアールの初お披露目をしたとき、プレスリリース記事へのアクセス数が通常の10倍あったと報告をいただきました。

その結果からも、SDGsやサスティナブルへの関心の高さが伺えます。

そのような観点から、着物に興味をもつ人も増えているように感じます。

2021年9月17日に「KimoNoir(キモノアール)」のプレスリリースを初出ししたところ、多くの反響がありすぎてスタッフ一同びっくり仰天。本当に感謝いっぱいです!
※プレスリリースは上記画像をクリックすると読めますよ。

MEGAたんす屋がオープンしましたよ

そして12月23日(木)に満を持して着物の聖地、浅草に116坪のリユース着物専門店

《MEGAたんす屋》がオープンしました。

このようなご時世の中、必然的に今自分が暮らす“日本”という国に目が向いています。

私たちは、着物はもちろん

着方レッスンや和文化のワークショップを通して、これを機に日本をもっと知ってほしい、もっと楽しんでほしい、もっともっと味わってほしい! という想いを込めて、

アウトレット要素だけではなく、アミューズメント=楽しみ、娯楽をふんだんに盛り込んだ店舗にしていきます。

MEGAたんす屋は、他のたんす屋の10倍のスペースを有する巨大たんす屋です。もちろん展示数量も、リユース着物取扱店として国内最大級。《中古着物店の聖地》と呼ばれるよう精進しますので、皆様の応援よろしくお願いいたします。

念願のキモノアール❝常設❞ブース

そして、キモノアールのアンテナショップがMEGAたんす屋の中にできました!!

今まで黒きもののキモノアールは3か月に1回の催事でしか見ていただけませんでしたが、常時、見て、触って、試着していただけるようになりました!

生の黒染めきものを見に、遊びに来てください。

MEGAたんす屋の巨大フロアーは10以上の区画で別れていますが、実は、キモノアールは一番いい場所を陣取っています。ぜひぜひお立ち寄りくださいね!

SNS

キモノアールの情報はインスタグラム「kimonoir2021」で日々発信しています。

ご興味ある方はフォローしてくださいませ。

インスタグラム
インスタグラム

文と写真:キモノアール担当 首藤